homeへ
CS21のコンセプト ピポ駅伝 うたごえ空間 親子の寺子屋 ユニバーサルトラベルネット リンク アクセス お問い合わせ
 home>理事長からのメッセージ2010
2013年8月
2012年10月
2011年9月
2010年7月
2009年7月
2008年7月
   
   
ピポ・ユニバーサル駅伝から共生力を!…

 今の時代は、グローバル化、情報化が進み、大きく変動しています。 この時代に必要なことは、私たちのNPOコミュニケーション・スクエア21が推進している共生社会の実現ではないでしょうか。 私たちが考える共生社会とは、障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し合う社会、また、障害のある人が社会の対等な構成員として人権が尊重され、自己選択と自己決定の下に社会のあらゆる活動に参加できる社会です。
 そのためには、一人一人が自ら学び、自ら考え行動できる力、広い視野をもって社会の変化に柔軟に対応できる力を身に付け、自分の将来に夢をもち、自分らしい生き方を追求していくことができる人間の育成が求められています。

 ピポ・ユニバーサル駅伝では、多くの若者が研修を受け、駅伝の趣旨を理解して、参加するすべての人へサポートできる体制を継承しています。
 また、今の時代は、社会環境や人々の意識の変化に伴い、家庭・地域・職場での人と人とのつながりが希薄です。ピポ・ユニバーサル駅伝では、1日をスポーツイベントを通して、チームのメンバーと過ごし繋がり合うことで、人と人が互いに支え合い、助け合う関係への気づきを促すことができるイベントです。

 ピポ・ユニバーサル駅伝から、思いやりや助け合いの心、コミュニケーション能力や協調性を大切に気づき、繋がり合い豊かな人間関係を広げる共生力を発信していければ幸いです。

 11回ピポ・ユニバーサル駅伝が無事終了しました。参加してくださったみなさん、協力してくださった皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

 来年また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 平成24年10月吉日  
NPO法人コミュニケーション・スクエア21  
理事長 大塚公彦  
アドレス
copyrights